論文・著作・講演など

論文 研究報告 著書・新聞等連載 講演 シンポジウム企画・運営

著書

  1. 高橋勇夫.・東健作. 2006. ここまでわかったアユの本. 築地書館, 東京.
  2. 高橋勇夫. 2009. 天然アユが育つ川. 築地書館, 東京.
  3. 高橋勇夫. 2009. 人々のくらしと物部川・物部川の生き物. 有安丈昌・福本誠一(編), pp. 86-106. 新編ものべ川. 高知中央広域市町村圏事務組合, 高知.
  4. 古川彰・高橋勇夫(編著). 2010. アユを育てる川仕事. 築地書館, 東京.
  5. 高橋勇夫. 2012. アユ―持続的資源の非持続的利用. 新保輝幸・松本充郎(編), pp. 83-102. 変容するコモンズ. ナカニシヤ出版, 京都.
  6. 高橋勇夫.・東健作. 2016. 天然アユの本. 築地書館, 東京.

新聞等連載

  1. アユの四季. 高知新聞(2004年4月から30回の連載)
  2. 鮎の時評. 矢作新報(2005年2月から7回の連載)
  3. アユと生きる. 高知放送ラジオエッセイ(2007年2月から2008年12月まで10回の放送)
  4. アユのいる風景. 中日新聞・東京新聞(2008年1月から45回の連載)
  5. アユ釣りの生態学. 共同通信(2010年6月から15回の連載)

講演

  1. 「アユは生き残るかー知られざる半生と自然保護」. 豊田市矢作川研究所(1996;豊田)
  2. 「四万十川河口域とその周辺海域におけるアユの初期生活史」. アユ資源研究部会(2000年;東京)
  3. 「四万十川のアユが暗示すること」.シンポジウム「日本の川と魚を考える」. 日本釣振興会(2003年;長野)
  4. 「アユ王国復活.守れ四万十のアユ」.四万十大正あゆまつり実行委員会(2004年;大正)
  5. 「アユを守る意味」アユを取り戻す全国の集いinぐんま(2005年;前橋)
  6. 「天然アユを守るということ」物部キャンパスフォーラム「持続型社会への試み」.高知大学(2006年;南国)
  7. 「アユを育てる川仕事」河川環境管理財団河川環境勉強会(2007年:東京)
  8. 「アユを育てる川仕事」国交省九州地整主催河川生態学術研究会北川研究G(2008年:福岡)
  9. 「天然アユを増やす河川整備」日本水産学会ミニシンポ(2009年:盛岡)
  10. 「アユを育てる川仕事」全国内水面漁場管理委員会60周年記念行事(2010年:東京)
  11. 「天然アユを増やす意味と技術」江の川の天然アユを増やすためのシンポジウム(2011年:三次)
  12. 「人と、川・アユの関係を良くするために」ひとと魚にやさしい川づくりネットワーク(2013年;高槻)
  13. 「鮎釣りを楽しめる環境づくり」フィッシングショーOSAKA2014(2014年;大阪)
  14. 「アユの生態を探り、資源の保全を図る」シニア自然大学校地球環境自然学講座(2015年:大阪)
  15.    その他多数

シンポジウム企画・運営

  1. 「天然アユを増やすと決めた漁協のシンポジウム, 1-3」. 浜松市・豊田市・和歌山市(2006~2008年)
(2016年4月現在)
ページのTOPへ遡上